『kukka #1』インタビュー 女優:北村優衣

kukka #1で『不思議の国のアリス』をオマージュしたフォトストーリーを原宿にある「カワイイ モンスター カフェ」で撮影☆攻めたヘアメイク&ファッションにテンション高めの優衣さんが、ノリノリ全開で表現♪ インタビューにも明るくハキハキ答えてくれた、ポジティブガールの素顔にも注目です!

 

休日の過ごし方

「お休みは、基本出かけますね。アクティブに動き回るのが好きなので、友だちと予定が合わない日も一人で渋谷や原宿に出かけてご飯を食べたり、買い物の下見をしています。私、食べることが大好きなので、普段からひたすらアプリでおいしそうなランチのお店を調べて一人で行くんです。最近、見つけたおすすめは、恵比寿の『WE ARE THE FARM』。採れたて野菜がたっぷりです♪ あ、この前初めて一人焼肉に挑戦したんです。でも、やっぱり焼肉はみんなで食べた方がおいしかったです(笑)。デパ地下も大好きで、渋谷ヒカリエから東急までよく歩くんですが、見る専門です。頭の中で食べるのを想像するので、実際よりもたくさん食べられます!(笑)」

 

マイルール

「仕事面では“朝から明るく元気に行こう!”と心がけています。私が現場に入ることで、スタッフの皆さんも明るくなればと思いますし、私自身も心地いいですし。ドラマや映画では、スタッフの方と長い時間を過ごすことが多いんです。だからこそ、常に明るくスタッフさんに感謝し続けられる人でいたいと思っています。プライベートでは、家に帰って、すぐ部屋着に着替えることがマイルール。オンオフのスイッチが切り替わるんです。廊下で服を脱ぎ捨てて、部屋で着替えて、戻ってくるときに服を回収……なんてこともたまには(笑)。部屋着の定番は、学校のパーカーや大好きなback numberのライブTシャツ! すごく気に入っています♪」

 

お気に入りアイテム

「初めての舞台『HUMMING BIRDS』で主演を務めさせていただいたんですが、その時に小道具で使用した卒業証書が宝物です。卒業証書の裏に出演者全員からのメッセージが書いてあって、今でも読み返すと稽古の日々や本番を思い返せて、初心に戻れる大切なものなんです。共演の方々も大先輩ばかりで不安が多かったんですけど、千秋楽の後に皆さんから温かいメッセージを頂き、本当に嬉しかったです! 戴いたのも打ち上げの時にサプライズで。もう大号泣でした(笑)。舞台も初挑戦でしたし、しかも座長。わからないことだらけだったんですが、舞台や芸能界のルールをすべてここで教えてもらいました。ありがたい経験です!」

 

北村優衣(きたむら ゆい):1999年9月10日生まれ。神奈川県出身。162cm。2013年「レプロ次世代スターオーディション」に合格。2015年、ラジオ初レギュラー「北村優衣SO RE NA!!」(レインボータウンFM)をはじめ、ドラマ、バラエティ番組でも活躍。2016年、映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」に出演。レプロエンタテインメント所属。

Yui Kitamura @lespros_k_yui
Text_@takara_beauty.fashion_takara(sopobooks)

 

kukka『クッカ』はブレイク必至の次世代女優&モデルを変わりゆく“TOKYO”を背景に撮り下ろしたフォトブック、kukka(クッカ)。彼女たちの今を、人気ファッションフォトグラファーが撮影する。今しか撮れない彼女たちのハイクオリティな写真を収めた不定期刊行の本

こちらの情報は『kukka #1』に掲載されたものを再編集したものです。

おすすめの記事