『kukka #1』インタビュー タレント:曽田 茉莉江

いつも素敵な笑顔が印象的な曽田茉莉江さん。明るくポジティブな印象そのままに、撮影準備中も終始笑顔と楽しい会話が途切れない。一転、kukka #1の撮影では「白昼夢(=Daydream)」の世界観を真剣な眼差しで表現。異空間を彷徨う、現実と非現実が織りなす奇跡の一瞬を披露してくれました。そんな彼女にkukka #1撮影後にプライベートについてお話を聞きました

 

休日の過ごし方

「今日は動くぞ、と決めた休日は“美容デー”にして、予定を詰め込んじゃいます。美容室に行って、酵素風呂に行って、それからボクシングジムに行って……(笑)。そうなんです、わたし本格的なボクシングジムに通っているんです! ボクセサイズをやったら気持ちよくて、これはもう本気で通おうと思って。通い始めてもう1年になるんですが、周りはゴリゴリの男性ばかりなんですよ(笑)。美容以外だと、最近始めた陶芸にハマっています。もともと料理が好きで盛りつけも凝る派なんです。そんな私に、母が陶芸に行って自分で好みの器を作ってみたらとアドバイスをくれて。なので、これから料理に合う器をどんどん作って行きたいですね」

 

マイルール

「私、すっごくむくみやすいんです。その対策として、この仕事を始めた小学6年生から続けているのが、朝と夜に必ず半身浴をすることなんです。“その日のむくみは、その日のうちに”がモットーです(笑)。お湯多め、温度も熱めで、20分を2回入るようにしています。『ZIP!』に出演する本番前のメイクルームでは、むくみを取るためずっとリンパマッサージ。長い時間やっているので、ほかの出演者に驚かれています(笑)。あと続けているのが、毎朝ビタミンがたっぷりのゴールドキウイを食べること。最近は最強の野菜とも言われているクレソンも毎日摂るようにしています。美容オタクなので、美容に関連したルールばかりです♪」

 

お気に入りアイテム

「半身浴で使うバスソルトはこだわっていますね。ヴィクトリア・ベッカムが“エプソムソルト”を愛用しているのを聞いて、すぐに買って試したんです(笑)。コップ一杯の塩を湯舟に入れて使うんですが、すごく汗が出るんです。あと、常に持ち歩いているのが水素水生成ボトル。ジームスシルキーという製品で結構値段もするんですが、その分高濃度な水素水が作れるんです。水道水もすぐに水素水に変えられるスグレものなんですよ。水素水って美容はもちろん生活習慣病にも良いし、基礎代謝が上がって痩せやすい体を作るって聞いたんです。普段、お酒飲みな人や朝が苦手な人にも良いって聞きますし……。なんか私、宣伝マンみたいですね(笑)」

曽田 茉莉江(そだ まりえ):1992年4月27日生まれ。愛知県出身。157cm。2004年、全日本国民的美少女コンテストへの出場を機に芸能界入り。「美少女クラブ31」を経て、舞台やドラマでも活躍。2019年より日本テレビ系列各局系列の情報番組『news every.』に出演中。オスカー・プロモーション所属。

Marie Soda @marie_soda_
Text_@takara_beauty.fashion_takara(sopobooks)

 

kukka『クッカ』はブレイク必至の次世代女優&モデルを変わりゆく“TOKYO”を背景に撮り下ろしたフォトブック、kukka(クッカ)。彼女たちの今を、人気ファッションフォトグラファーが撮影する。今しか撮れない彼女たちのハイクオリティな写真を収めた不定期刊行の本

こちらの情報は『kukka #1』に掲載されたものを再編集したものです。

おすすめの記事