駒沢公園と松川 菜々花/インモーション

kukka#1『クッカ#1』で松川 菜々花(プラチナムプロダクション)さんと東京・駒沢公園で撮影したin motion。アクティブでスポーティーなスタイリングのストーリーです。

 

CREATION TEAM

MODEL_Nanaka Matsukawa(PLATINUM PRODUCTION inc.@nanamero0129
PHOTO_Chen Chekai @chenchekai
STYLE_Daisuke Hara @daisuke__hara
HAIR&MAKE-UP_Yousuke Toyoda(Rooster)@toyodayousuke
DIRECTOR_@takara_beauty.fashion_takara(sopobooks)
DESIGN_ Taichi Matsueda(STYLEGRAPHIX)@ihme_publishing

 

CREAOR PROFILE

松川菜々花
1998年 1月 29日生まれ。埼玉県出身。165cm。A型。高校1年生の時、渋谷でスカウトされたのをきっかけに芸能界入り。サブウェイ、モンスターストライクなどのCMをはじめ、雑誌、広告でも活躍中。GirlsAward 2016 SS出演。non-no専属モデル。プラチナムプロダクション所属。
Photographer : Chen Chekai @chenchekai
台湾出身。2005年来日してから現在まで、東京をベースに雑誌・広告・カタログを中心に活動する。http://www.chenche-kai.com/
Stylist : Daisuke Hara @daisuke__hara
文化服装学院卒業後、アシスタントを経て2008年に独立。2011年渡英、2013年帰国。メンズ・レディスを問わず国内外の雑誌・広告・カタログ・アーティスト等、幅広く活躍中。 http://www.daisukehara.com/
Hair Make up :  Kenji ToyotaSHISEIDO@kenjitoyota
2002年資生堂入社。宣伝広告のヘアメイクを中心に、NYやパリ、東京コレクションなど多岐にわたり活動。最新ヘアメイクの傾向分析や予測も行う。ヘアメイクアップスクール「SABFA」をはじめ、セミナー講師を務める。
http://hma.shiseidogroup.jp/

 

kukka『クッカ』はブレイク必至の次世代女優&モデルを変わりゆく“TOKYO”を背景に撮り下ろしたフォトブック、kukka(クッカ)。彼女たちの今を、人気ファッションフォトグラファーが撮影する。今しか撮れない彼女たちのハイクオリティな写真を収めた不定期刊行の本

 

駒沢オリンピック公園総合運動場 
駒沢オリンピック公園総合運動場の歴史は、昭和24年10月に開催された第4回国民体育大会のためのハンドボールコート(2面)とホッケー場(1面)の建設に始まります。
そして、昭和33年5月の第3回アジア競技大会のためのバレーボールコートの新設、昭和34年10月の第14回国民体育大会のための弓道場新設と続き、それぞれの会場として使用されました。
昭和36年第18回オリンピック大会の東京招致決定に伴い、第2会場として使用するため、弓道場を除いて新たに全面的な改修整備が都市計画事業として実施され、順次、陸上競技場、体育館、屋内球技場、第一球技場、第二球技場、補助競技場の6つの施設が完成しました。 これらの施設は昭和39年のオリンピック大会の際に、サッカー、レスリング、バレーボール、ホッケーの会場として使用され、日本と世界の人々に強い印象を与えました。昭和39年のオリンピック東京大会以降は、駐車場用地の転用による軟式野球場2面、バレーボール練習場の転用によるテニスコート8面の供用開始をはじめ、昭和41年7月、財団法人日本オリンピック委員会(JOC)からの寄贈による水泳場の新設、昭和42年ユニバーシアード東京大会のバレーボール会場、昭和45年8月の硬式野球場の新設、昭和63年4月のトレーニングルームの開設により、現在見られるような12の体育施設をもつ総合運動場の形態となりました
出典:東京スポーツ文化事業団

おすすめの記事