『kukka #2』インタビュー  モデル・女優:宮野陽名

時より見せる子供っぽさと大人っぽさ。

話していると、そのどちらが本当の彼女なのか自信が持てなくなる。

14歳を目前にした13歳の貴重なフォトショットからは
圧倒的な表現力と、隠し切れない魅力が伝わってくる。

仕事のたびに鹿児島から上京する彼女の目標は、ずばり朝ドラのヒロイン♪

 

Holiday

「お休みは友だちと遊ぶことが多いです。夏は近所の公園で水風船を作って遊ぶことが流行っていました。ビショビショに濡れて家に帰るのも楽しみのひとつです(笑)。

あとは、アミュプラザ鹿児島という地元鹿児島のショッピングセンターに友だちと出かけ、映画を観たり観覧車に乗ったりもします♪ ひとりで過ごす時は、家で映画を観たり、飼っている犬と散歩しています。黒柴で「クッキー」っていう名前です。

7歳になるオスなんですけど、人間だと50歳くらい。私が小学1年生の時からずっと一緒なんです♪」

Rule

「毎日続けているのは、ヨーグルトを食べることと腹筋50回です!ヨーグルトは朝食べるよりも夜食べた方が腸内環境が整い、より効果的みたいとお母さんが教えてくれたんです。

なので小学4年生の頃から毎晩、夕飯後に食べ続けています。鹿児島から東京に来た時もヨーグルトを食べるようにしているんですが、たまに忘れてしまうんです。

そういう時はお腹の調子が悪くなることもたまにあって……。ちなみにお気に入りの味はプレーンです♪ 腹筋は中学2年生になってから始めて、毎日続ける! と決めてやっています。最近、少し腹筋がタテに割れてきた……気がします(笑)。でも確実に前より硬くなってきました♪」

Item

「小学5年生の頃にお父さんとお母さんと3人で旅行に出かけました。鹿児島にあるJR最南端の西大山駅に立ち寄ったんですが、その駅には有名な黄色い郵便ポストがあるんです。

そのポストから手紙を送ると送った先の相手に幸せが訪れたり、自分宛に送ると自分が幸せになると言われているんです。大切にしているのは、その駅で買った黄色い郵便ポストの置き物です。

玄関に置いていて、東京に来る時も必ず“行ってきます! 良いことがありますように♪”と言って、手を合わせてから出かけるようにしています!(笑)。その時の旅行も温泉に入ったり、すごく楽しかったので大切な思い出の品でもあるんです♪」

 

宮野陽名(みやの ひな):2003年8月29日生まれ。鹿児島県出身。170cm。A型。ミスセブンティーン2017 グランプリ。現在、雑誌『Seventeen』の専属モデルを務める。小学5年生の時に雑誌『キラピチ』のモデルオーディションでグランプリに輝き芸能界入り。ヤマザキビスケットやハウス食品のCMをはじめ、ファッションショーにも出演し、活躍の場を広げている。トップコート所属。


Text_@takara_beauty.fashion_takara(sopobooks)

 

kukka『クッカ』はブレイク必至の次世代女優&モデルを変わりゆく“TOKYO”を背景に撮り下ろしたフォトブック、kukka(クッカ)。彼女たちの今を、人気ファッションフォトグラファーが撮影する。今しか撮れない彼女たちのハイクオリティな写真を収めた不定期刊行の本

こちらの情報は『kukka #2』に掲載されたものを再編集したものです。

おすすめの記事